【近ごろの葬式】一日葬とは?

一日葬とはの写真

一日葬とは

最近は一日葬(ワンデーセレモニー)と呼ばれる形式のお葬式を行う人が増えています。これは文字通り1日で済ませる葬儀です。直葬のようにすぐに火葬をするわけではなくて告別式またはお別れ会などを行うので、故人とお別れをすることができます。従来式の仏式葬(一般葬)では通夜と告別式・火葬式を2日間にわたり実施し、故人とあまり親しくなかったような人も含めて多くの人が出席して焼香をします。一日葬は通夜を行わずに、告別式・火葬だけを1日で行い、従来の一般葬のように一般弔問客を受け入れる場合もあります。ちなみに最近人気を集めている家族葬は故人の家族や親しかった友人だけが出席をして通夜と告別式・火葬を2日間に分けて実施しますが、家族葬で通夜を省略して告別式・火葬だけを行う一日葬も行われます。このような場合には家族葬と同じように一般葬のように故人とさほど親しくなかったような人や仕事の関係者、遠い親戚は葬儀に出席をしません。一般弔問客を受け入れえない場合には、20~30名程度を収容する小規模な式場を利用します。お葬式の流れですが、前日に葬儀社の寝台車が遺体を安置所に移動したり、役所に書類を提出するなどして準備を行います。当日に納棺・告別式を行い、その日のうちに火葬場に移動して火葬を済ませてしまいます。告別式や火葬の時に僧侶を呼んで仏式で行うことも可能ですが、最近は無宗教でお別れ会をするケースも増えています。

家族葬のグランドセレモニー